読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tonaryaori(トナリャオリ)の日記

神戸市灘区、岩屋の隠れ家、フランス料理、「ビストロ トナリャオ」オーナーシェフ 嫁大好き子煩悩、気合いと大体でここまで生きてきたビストロのおっさんの気まぐれブログhttp://www.tonaryao.com/

この人たちのお陰で今があります。

嫁大好き子煩悩な
オーナーシェフの小林です。




この前ご来店頂きました!







私が最初に勤めたホテルの
先輩と同期の友人です。






これが誰それ、これが誰だれさん、
などとは特に言いませんが、

四人いる中のイケメンの一人は私です(笑)


f:id:tonaryaori:20170501115524j:plain



この中に先輩が二人います。



出会った頃、メチャクチャ怖かった
先輩がこの中の一人です。

あえて誰とは言いません(笑)




当時の私は19歳。

先輩が20代後半でした。




もう毎日、顔を見れば眉間にシワ
いつ機嫌を損ねて大暴れするか、
こっちはビクビク・・・



暴れ出したらもう怪獣・・・(苦笑)



その場にいるだけで存在感ハンパなし!



世紀末覇者ラオウが背中から
メラメラオーラが出ている感じ!


この怪獣・・・
いや、先輩には、よく怒られましたね~



そりゃ、
当時の私は19歳の只のアホたれで
挨拶はもちろん、

返事もちゃんと出来ない
播州弁まじりでちゃんとした言葉使いも
出来ない、

学生の時は家に電話が鳴ったら
学校か警察か病院か・・・?



母親もビクビク・・・



こんなアホたれなので、
そりゃ~、怒られて当たり前です(笑)



厳しくしないとこの程度の奴は
言う事を聞かないでしょう。



結果、恐ろしくて厳しいこの先輩に
性根叩きのめされたので、
出会えて私は良かったと思います。





もう今は、年齢と共に
まる~くなられてますが
まだ私は背筋が伸びる時があります(笑)




もう一人の先輩はわざわざ
広島から来て頂きました!



一緒に仕事をさせてもらった頃
先輩は25、6歳で私は22歳くらいかと。




料理も少し出来るようになって来た
頃だったと思います。



配属先のフレンチレストランで
料理はもちろん、料理に対して、
仕事に対しての在り方を
しっかり指導して頂きました!



私の独立の時は、心配して
真っ先に連絡して下さり
ありがたくて嬉しかったですね~!



最後に私と同期入社の友人。



その時はバブリーな時代で、
私と彼を合わせて新入社員が7人!!



ホテルの調理部フランス料理だけで
7人です、今思うと凄いですよね~!



だけど、一週間ぐらいで辞める奴、
一ヶ月でまた一人逃げ出し
一年後には三人しか残らず、

そして、三年後には同期は
全員辞めて、私一人だけ!!(苦笑)




やんじゃこりゃ~!ですよ!



私はアホたれでしたが、
気合いだけは入っていました。



大概の事は気合いで乗り切る!!
みたいな・・・奴でしたね。



そして、この先輩たちとも
ちりじりバラバラ、

私も何社かのホテルを転々・・・



出る杭は、なんちゃら・・・と、
言えばカッコいいですが、


職場が変われば人も仕事内容も
やり方が変わります、


ある程度、料理の仕事も形になって
きた頃には、


何でこんな面倒くさいやり方
しとんねん。



こないして、こうやって、こないやったら
ちゃっちゃと終わるやんけー。



こうやれば、アホみたいに
早く出勤したり夜遅くまで残って
仕事せんでエエやん。



てな、事をずーと思って
実際、当時の料理長やシェフに
言ったりしましたね。



けれど、何か邪魔くさそうに
されたり、

ごちゃごちゃうるさい奴やのうー、
と思われてましたね~(笑)



自分では正論を伝えてたと
思っていましたが・・・



だから杭は打たれるんですね(苦笑)



もう、こりゃ自分が料理長
ならなアカンなぁ~!と。




でもね~、上司から杭を打たれる
奴は出世しないんですよ~(笑)



でもね~、でもね~、


どうやったらホテルで料理長
なれるか、ずーと考えてやっていたんです。



毎日、毎日、ずーと、ずーと。



そうすると、こうすれば料理長
なる最短の方法を見つけたんです!!





もし、ホテルの料理人の方で
料理長に成りたいと思っている人が
いたら、

私がそ~っと、教えますよ!(笑)



でも確実ではないです。



可能性として参考までにして下さいね~




そうこうして、
私も運よくホテルの料理長にもなれました。



実際なってみると次から次へと
人が集まって来ます。



それは私の元へ来ているけど
私にではないです。



最初からわかっていましたよ。



私の肩書きに集まって来てるんです。



その頃から、ずーと違和感があり
ましたね~



何がおもろーて、こんな周りの人間と
仕事せなアカンねん。



どうせ、俺の肩書きがなくなったら
蜘蛛の子が散るように去って行くんやろ?



うわべだけの会話が窮屈でしたね~



料理長になりたかったけど、
なったらなったで
自分の思っていた景色と違っていました(笑)




でも今は独立して良かったと
心から思います!



はっきり言って楽しいです、
けれど、辛い事も沢山あります。



全て引っくるめて楽しくやっています。



独立していなければ、
当店にご来店された方とは
一生出会えてないですから。



そして、今回のように先輩、同期とは
たまにしか会えないですが
こうやって私に会いに来てくれてるので
私も捨てたもんじゃないですね(笑)



この人たちのお陰で今の私があります!



きっと私が本当に
スーパーピンチの時には、

親身になって相談に
乗ってくれると思います!





乗ってくれるかなぁ・・・





知らんけど・・・(>_<)