tonaryaori(トナリャオリ)の日記

神戸市灘区、岩屋の隠れ家、フランス料理、「ビストロ トナリャオ」オーナーシェフ 嫁大好き子煩悩、気合いと大体でここまで生きてきたビストロのおっさんの気まぐれブログhttp://www.tonaryao.com/

岩屋の人気繁盛店

神戸市灘、岩屋の隠れ家、フランス料理、ビストロトナリャオの小林です。http://www.tonaryao.com/



先日の結婚記念日に来店した私のお気に入りのお店のお話です。

炭焼きとワインの「エルボリン」さん。
f:id:tonaryaori:20151104122516j:plain

うちの店から約200mくらい?の距離で徒歩で約3分、本気で走って行ったら37秒くらいで行けるご近所のお店。

イタリアンをベースに多国籍料理をされていて、アルコール類、ソフトドリンクも充実、ちょいアテに気分に合わせて飲みもよし、ガッツリ食事もよし、予算を言えば少数宴会なんかもしてくれます。
今や知る人ぞ知る岩屋の人気繁盛店!!


ここのオーナーの石坂剛一郎さん。

彼は30才半ばの敏腕ソムリエで、ごっつい硬そうな名前やけど、人当たりも良くボキャブラリーもある堺雅人似の男前。f:id:tonaryaori:20151104123300j:plain
彼は神戸北野ホテルで私の先輩や同期と働いていたこともあり、話も弾みすぐに仲良くなれました。

そして「エルボリン」に今や無くてはならない存在のシェフ、寺坂政樹さん。
まだ20ン才!!
f:id:tonaryaori:20151104124415j:plain
「小林さんに料理出すの毎回気つかいますわぁ~(苦笑)」と言いながら、私に見えないようにコソコソ料理を作っている(笑)

彼の料理は当然美味しくてクオリティーも高いのでファンは大勢いて、至って料理作りに貪欲、チャラチャラせず真面目な好青年です。

私も彼ぐらいの年齢の頃にこれぐらい料理の実力があればもう少しマシな料理人になっていただろうに・・・(笑)




「エルボリン」さんはうちの店よりも一年前にオープンしたお店です。

オープンしてから二ヶ月くらいたった頃に知人と初めて来店することに・・・

最初、ここは何の店やろ?
BAR みたいなとこかなぁ?
ワインのってかいてるから年期入ったおっちゃんがやってんのかな?
てな事を思いながら入店したと思う。


店に入った瞬間、凄く力強いパワーのような光を感じた!!

「何じゃこりゃ!」

何かうまく説明できないけど心地良い空間・・・

黒板メニューがカッコエエ・・・

メニューめっちゃあるやん!しかも安いし(笑)

見た感じオーナーさん、若い人やなぁ・・・

お客さんもオーナーさんも楽しそうにしている!


そんな事を思いながら剛一郎さんの名刺をいただき第一声私は、

「強そうなカッコいい名前ですね!ところでここ家賃いくらですか?」


今思うと、初対面の人に何聞いてんねん・・・


私も灘、岩屋の辺りで物件を探していたのもあり深く考えずに聞いただけですねん・・・(苦笑)


それから剛一郎さんは店の経営の事やドリンクメニューの事、主にワインの売値や色んな私の下らん質問に笑顔で丁寧に答えてくれました。


「僕に解かることやったら何でも聞いて下さい。協力出来る事があれば言って下さい(笑)」


めっちゃエエ人やん!
それにめっちゃエエ店やし(笑)


これを期に数回来店させていただき、お客さんへのサービスやセールストーク、ワインの入れ方、進め方等を見ながら勉強させてもらいました。


何せ、ずーと料理しかしてなかった人間なので。
オーナーシェフになるために日々勉強・・・(苦笑)


料理関係以外で何の伝もなかった私に剛一郎さんは他分野の沢山の人に出会わせくれて、中でも「エルボリン」を造ったスーパー内装屋さんを紹介してもらいました。


このスーパー内装屋さんは気前のいいおっちゃんで私のムチャ難題にも快く聞き入れてくれ、赤字で工事してくれたのと違うかなと・・・(苦笑)


そして工事終了後スーパー内装屋さんから、

「いろいろ大変やったけど何とか終わったわぁ。
剛一郎の所も大変やったけど、俺が今まで飲食店造った中でも一、二を争う大変さやったわ・・(笑)」


このスーパー内装屋さんが「エルボリン」と「トナリャオ」を造ったので、私は勝手に岩屋の姉妹店や!と思っている。

もちろん妹分で・・・(笑)


そして最後に、
「コバちゃんがやろうとしている商売は時間かかると思うけど辛抱して頑張りや!お客さん来ないからと安売りしても一時来るお客さんは長続きせーへんで!」

「コバちゃんには料理人の成功するオーラが見える!まぁ俺が造った店はほぼ100%繁盛してるから大丈夫や!」


勇気がでる言葉をいただいてありがたく思うし、
この言葉を励みに日々頑張っています。


ホテル時代の仕事関係の人間は私の肩書きが無くなると蜘蛛の子を散らすように去って行ったが、こうして良きご縁に恵まれ新たな人との繋がりが出来たのも剛一郎さんのお蔭だと思うし私は本当に恵まれているなぁ・・・と。




剛一郎くん、うちの店の宣伝やたくさんの知人や近隣の飲食店オーナーさんを紹介してくれてありがとうございます。
これからも下らん相談事に嫌がらずに付き合って下さい。
後、オープン祝いで萬田銀次郎が座るような重層感溢れる椅子をいただいてありがとうございます(笑)
只今テーブル席で活躍中です!


寺くん、また夜な夜なミーティングしに行きましょう!
結婚記念日に来店した時は食の細い私に肉のメガ盛りありがとうございます(笑)
f:id:tonaryaori:20151107023026j:plain

最後に大切な事を忘れていました・・・



剛一郎くん、寺くん、私との共通する所があります・・・







三人共、奥さんがべっぴんさんと言う事・・・(爆笑)